Teatime Blog

好きなことして生きていたい

私達が同棲で2LDKを選んだ理由。家賃や部屋の使い方と失敗したこと

f:id:milk-teaty:20210809165919p:plain

2021年4月から2LDKの賃貸マンションで同棲をスタートしました!

同棲をする部屋探しでまず悩むのが「間取り」ですよね。

同棲といえば1LDKまたは2LDKを選ぶ人が多いですが、その2つでは家賃や部屋のレイアウトが大きく異なります。

二人の意見が食い違うこともあり、部屋選びが同棲前の最難関というカップルも多いです。

 

そこで今回は、私達カップルがなぜ2LDKを選んだのか、その理由をお伝えしていきます。

気になる家賃や部屋の使い方も公開しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

私達が同棲に2LDKの賃貸を選んだ理由

最初に結論をお伝えすると、

「私達カップルは二人ともが2LDKを希望してたから」

というのが2LDKを選んだ理由です。

ではなぜ二人ともが同棲のお部屋で2LDKが良いと思ったのか、をお伝えしていきます。

1LDKだと狭いと思ったから

私達カップルは実家暮らしからの同棲なので、1LDKでの二人暮らしは少し手狭だと感じていました。

寝室とリビング・ダイニングに加えてもう一部屋は確保したいという意見で一致しました。

ただし、リビング・ダイニングの広さにはあまりこだわっていなかったので、2DKのお部屋も視野に入れて同棲の部屋探しをしました。

二人ともインドアだから

私達カップルは二人揃ってインドア派です。笑

そのため休みの日は家で過ごすことが多く、他の人と比べても家に居る時間が長くなります。

せっかく2LDKを選んでも家にいないと家賃がもったいなく感じてしまいますが、私達にはその心配がありません。

また、ご時世的にも出かけることが減っているため、休日はどれだけ家で快適に過ごせるのかを追求したいという考えも一致していました。

これからも長く続くであろうステイホームの時間を、同棲しながら楽しむ目的もありました。

予算的に問題がなかったから

私達の住む地域で、その他のお部屋の条件も合わせて検索した時にだいたいの費用感を確認しましたが、予算上問題がありませんでした。

そのため予算内で2LDKの部屋を探すことにしました。

結婚を前提とした同棲だから

私達は今後結婚する予定で同棲をはじめました。

結婚や出産を機に引っ越しをしなくても良いように少し広めの部屋を選びました。

 

同棲の2LDK、部屋の使い方は?

2LDKはリビング・ダイニングに加えて2部屋があります。

我が家の場合は、1部屋が5.5帖、1部屋が6帖の間取りです。

5.5帖の部屋は寝室として使っています。

ベッド以外は何も置いていません、というか狭くて置けません。笑

 

6帖の部屋は趣味の部屋兼仕事部屋として使っています。

お互いのデスクを置いて趣味のアイテムを収納したり、ゲームを置いたりしています。

また、リモートワーク中の私の仕事スペースにもなっています。

同棲2LDLの家賃は?

私達カップルは地方の中でも市街地のエリアに住んでいます。

  • 2LDK
  • 新築
  • お風呂・トイレ別
  • ウォークインクローゼット付き
  • 駅徒歩20分以内

上記の条件で共益費込で9万〜10万以内です。

家賃には駐車場代も含まれているので、妥当かな、と思っています。

同棲の2LDKで後悔したこと

今の所ありません!

部屋の広さには満足しているし、不便に思うこともありません。

ただ、家賃はもう少し安くしたかったな〜というのが本音です。

 

新築を選んだのも一つの理由ですが、予算ないではあるものの家賃が高く、コスパは悪いかなと思います。

家賃が高い分、良い家に住んでいるな〜という実感があるのも正直なところなので、次に引っ越しをするなら少しランクを落としても良いかとも考えています。

一度贅沢をするとランクを落とすのは難しいかもしれませんが。。。。

コロナ禍での同棲の家探しは?

先程も少し触れましたが、コロナ禍であるため家探しは基本的にスマホまたはPCで行いました。

候補のお部屋をいくつかピックアップして、事前に空き状況を確認、空き情報がある不動産屋さん1店舗だけに足を運ぶようにしました。

 

メールや電話でのやりとりが煩わしい人は、チャットで連絡できるイエプラがおすすめです。

2LDKの同棲は大満足!

私達カップルは2LDKの部屋を選んで大満足です!

今の所家賃が高い以外の不満はないし、家のことでは喧嘩にもなりません。

次は1LDKにしよう、という話にもならないので結果的に2LDKを選んだことは大成功だと思っています。

これから同棲されるカップルさんや、家探し中の方の参考になれば幸いです。