Teatime Blog

OMO(オタクに見えないオタク)になりたい。

元銀行員が教える!手取り13万でも年間100万貯金した方法

f:id:milk-teaty:20180902212343j:plain

今回はタイトル通り手取り13万の社会人が年間100万円貯金した方法をご紹介します。

実は私は日本人なら大半が知っているであろう大手銀行に勤めていた経歴もあり、お金のやりくりはかなり真剣にやっています。

今回は手取り13万という少ない金額でも目標額を貯金するために私がやっていたことを紹介していきます。

ちなみに、今は転職しているので手取りは13万ではなくなりました。

これまでとは違う方法で貯金しているのでこちらも参考にしていただければと思います。 

www.teatime.site

 

元銀行員が解説!手取り13万でも1年間で100万貯めた方法

まずは私のスペックから紹介していきます。

いくら手取り13万といっても、生活状況や趣味、性別によってもお金の使い方は大きく異なりますし、私の情報が参考にならないという人ももちろんいると思います。

ですので、まずは自分の状態と比較して真似できそうな部分を探してもらうことが貯金への近道だと思います。

 

私の収入と生活状況

手取り13万って大卒の給料にしては安すぎない?と思ったものの入社したからにはそうも言ってられません。

副業をしようかとかメルカリで何か売ろうかとか、収入を増やす方法を何通りか考えましたが、社会人になって1年でまだ仕事も覚えたてでばたばたしていたのでそれどころではありませんでした。

そこで、いまの収入と支出を見直すことにしました。

以下にはざっと私の状態をまとめました。

  • 20代女性
  • 実家暮らし
  • 借金なし
  • ボーナスあり(夏・冬の年2回)
  • 家賃補助なし
  • 交通費支給あり

こんな感じです。

手取り13万で一人暮らしはしんどいですし、今もししている人がいたら尊敬しかしません。すごすぎる。

しかも金融機関に勤めながら生命保険にも入っていませんでした。

一応年頃の女なので、趣味や自分の美容代にお金が使いたいということもあって全く余裕がありませんでした。

 

なんで貯金するの?

 正直ここが明確でないと貯金は続かないと思うし意味はないと思います。

だって手取り13万しかないし、、、

貴重なお金を毎月目的もなく貯金するなんて苦痛でしかありません。

私の場合はマイカー購入という目的がありました。

 特に車種などにこだわりは無く「まあ100万貯めれば中古の軽とか買えるやろ」みたいな感じでキリも良いし100万貯めることにしました。

ではさっそく私のお金の使い方の内訳と実際の貯金方法をご紹介します。

 

私の給料の使い方と内訳を公開

給料の使い方一覧

こちらが私の給料の使い方です。

何度も言いますが手取りは13万しかないので、毎月きっちり計算して使用していました。

給料日がきたらまず13万を口座から出してお金をそれぞれの役割に振り分けます。

・貯金

給料の内訳(貯金編)

まずは貯金。
これは給料が振り込まれる口座と別の口座に貯めていました。

そうすることで、いまどのくらい貯まっているのかを目で見てはっきり確認できますし、間違って使ってしまうこともありません。

・生活費

給料の内訳(生活費編)

次に、生活費です。

私は実家暮らしなので月3万を食費や電気代として親に渡していました。

本当はもっと渡せれば良いのですが、親も私の手取りが13万ということを気の毒に思ったのか3万で良いという風に言ってくれました。

・保険

給料の内訳(保険編)

次に、保険。

社会保険は給料から天引きになっているので、この保険は自分で加入した生命保険です。

某生命保険会社の保険に入っていました。

まあ念のための備えは必要ですし、何より安い給料で急な支払には耐えられませんし、せっかく貯めたお金が不慮の出来事で飛んでしまうのは嫌だったので入りました。

掛け捨てではなく、貯蓄型のものを選んでいます。

ドルで支払うものだったので毎月だいたい15,000円~18,000円かかります。

・美容

給料の内訳(美容編)

次に、美容代です。

これは美容院代、脱毛代、化粧品代を月1万でやりくりしていました。

まあ少ない。これじゃ足りない、というのが本音ですが、今の私の身の丈に合った美容をすることを心がけていたので、コスメはプチプラ、美容院は3か月に1度、脱毛は分割払いでしのぎました。

・携帯

給料の内訳(携帯編)

こちらは言わずもがな携帯代です。

私は大手キャリアのiphoneを持っているのでだいたい毎月7000円~9000円程度が必要でした。

・遊び

給料の内訳(遊び編)

私が生活の中で最も重視したい部分である趣味のお金がこれです。

といっても毎月の貯金額の半分しかなく、ライブに行ったり服を買ったりしているとあっという間に使い切ってしまいます。

ただ、今ここに一覧で書いた中でも美容代・保険代・携帯代は想定よりも安くつく場合があり、余剰分がでることも多かったです。

その余剰分を遊びで使う代金に回していました。

また私はあまりお酒は飲まないタイプなので飲み会に参加する頻度も少なかったので、飲食でお金を使うことはありませんでした。

その他、友達の誕生日プレゼントを買ったり、ランチにいったりはここから使っていました。

毎日仕事の日は実家という強みを活かしてお弁当を作り節約していました。

また、残業代がついていた時や休日出勤手当があったときには、その分は口座に残していました。

というのも、私は買い物にクレジットカードを多用するのでその引き落としに備えて無駄使いを避けるためです。

 

手取り13万でも100万に届く?

今ざっと解説しましたが、私はこの方法で100万円を貯めました。

毎月4万×12か月 + ボーナス53万 = 101万

という結果で一年を終えています。

いや、ほとんどボーナスやん!!!!

と思った方、そうなんです、100万の半分以上はボーナスです。

ただ、ここで注目して欲しいのがボーナスを全く使わず全部貯金できていることなんです。

大きい金額のお金が入ると使いたくなりますが、私は全額貯金することに成功しました。

それもこれも、説明したような手取り13万をギリギリまで使うような生活に慣れてしまっていたからです。

逆に「こんな大金何に使っていいかわからない、、、、とにかく貯金。」となったわけです。(笑)

なんか悲しいですが、車を買うためですし結果オーライです。

そして注目してほしいのが、ボーナスが無かったとしてもお金の使い方にだけ気を付ければ2年で100万近くの貯金を達成できるということです。

なので手取りが13万でも使い方次第で貯金はできるということをここに実証したいと思います。

 

これだけは絶対にやりたい貯金のポイント

貯金をするうえで私が実際にやっているポイントは以下の通りです。

  1. 口座の分割
  2. 余剰分のやりくり

これはやってみて損はないと思うので、ぜひ試してみて欲しいです。

以下に詳細を説明します。

1.メイン口座と貯金用口座は分ける

貯金のポイントは口座をわけること

これは本当にやっておくべきです。

口座を分けることで今どれだけのお金が手元にあって、どのくらい貯金できているのかを把握することができます。

貯金用口座はゆうちょ・セブン・イオンなどの全国で使える銀行がおすすめです。

なぜなら、旅先でのトラブルや急な不幸、結婚式などいざというときに使用できるからです。

本来貯金って緊急のときのために使う意味合いがあると思うので、いつでも引き出せるようにしておくのがおすすめです。

 

2.美容代は数カ月先を見越して

美容代は先を見越すべき

私の場合美容代は毎月一定額がかかるというよりも何か月かに一回どーんと使うイメージです。

例えば、5月は脱毛で4000円だけ必要だけど、6月はカットとストパーするから15000円必要、などばらつきがあります。

なので、とにかく一旦口座からは毎月2万引き出して別の封筒に入れて保管をしていました。

f:id:milk-teaty:20180904214510j:plain

これは一例です。

ちょっと貧乏くさいですが、ゆうちょで振り込みをしたときに封筒をいただいて活用させていただきました。

こんな感じで無駄にお金を使わないようにしていました。

お財布に入れてるといつの間にか使ってしまいますからね。

管理方法はそれぞれだと思うのですが、数カ月先にいくら必要かを見越して余剰分を貯めるというのをしておけば毎月のリズムも崩れず上手く貯金をすることができました。

 

貯金して後悔はない?

これは全くありません。

手取り13万という安い給料でも自分でしっかり管理してやりくりして100万貯めたことで少し自身がつきましたし、増えていく貯金額を見ることで毎月ニヤニヤもしていました。

そして私は1年で金融機関を辞めて転職したこともあり、結局貯めた100万で車はまだ買っていません。

電車移動が主になってしまったので、、、、

でも、今手元に100万の貯金があることで生活には余裕が出ましたし、美容代も遊び代も貯金していた頃よりも自由になりました。

そして今でも貯金は続けています。

あの生活をしていた名残でお金の管理をする癖がついたのと、もう貯金が趣味のようになっています。

けど使いたいところは我慢せず使うことができるし余裕もできました。

なので後悔は一切ありません。

 

お金は管理の仕方次第で安い手取りでも貯金できる

ということで私が手取り13万円だった時代に100万貯めた方法でした。

貯金は将来の自分への贈り物になりました。

もしやりくりで悩んでいたり、安い給料で悩んでいる人の参考になればと思います。

あと、もし今の給料を改善したいなら転職が一番です。

満足いかない給料のまま働いて自分で貧乏を実感してしまうのが私にとって一番のストレスでした。

なので、金銭面がストレスになっている人は勤続年数なんて関係なく転職を検討してみても良いと思います。

転職については他の記事にまとめているのでもし興味のある方がいらっしゃればご覧ください。

 

www.teatime.site