Teatime Blog

OMO(オタクに見えないオタク)になりたい。

【過去問だけ】ITパスポートに3週間で確実に一発合格する勉強法

f:id:milk-teaty:20180725111502p:image

今回はITパスポートに一発合格した方法をお伝えしたいと思います。

実は、転職する際に何か資格が欲しいと考えた私は、「国家資格をとりたい!→簡単なやつが良い→合格率の高いITパスポートだ!」という軽率な考えからITパスポート試験に挑みました。

前提として、私は普段PCは使用するがエンジニアではないので専門的な知識は無し。

PCやネットの基本の"き"はおさえてる程度です。

要はタイピングが早いだけのネットサーフィンが好きなオタクって感じです(笑)

ですが過去問だけで3週間で一発合格ができたので、その方法とおすすめの参考書をご紹介します。

 ITパスポート試験に3週間で一発合格する方法

 ここからは実際に私が行った勉強方法をお伝えしていきます。

注意して頂きたいのが、今回ご紹介するのはあくまで試験の合格方法です。

この勉強法を試したからといって、ITパスポートの内容が完全に頭に定着するわけではありません。

とにかく資格が欲しい短期間で一発合格したい、という方だけ参考にしてください。

ITパスポートの合格証書

ちなみにこちらが私が手に入れたITパスポートの合格証書です。

本当に過去問だけで本当に合格できるので、時間が無い方はぜひ参考にしてください。

 

試験日を決める

まず、試験の日程を決めます。

これがめっちゃくちゃ大事。

試験の日を決めないと、目標がないままズルズルと勉強せずに終わってしまいます。

特に社会人は勉強の時間を後回しにしてしまうので、勉強時間が程よく確保できる日程で3週間~1か月先の日程で申し込みを行い、入金まで済ませてしまいましょう。

私は実際に3週間後の日程で申し込みをして勉強をスタートしました。

 

勉強方法は過去問だけ!

とにかく私はITパスポート合格のために過去問を解きまくりました。

おすすめの参考書はこちらです。

 こちらはCD-ROMがついていて、過去問のソフトをPCにダウンロードすることができて便利です。

また、試験の概要や試験時間などの基本的な情報をすべて書かれているので一冊あれば困りません。

私が受験費用以外にお金を使ったのはこれだけでした。

勉強の手順

では実際に私が行った勉強方法です。

3週間で合格するためには効率よく進めることが何より重要です。

1.本をさらっと読む

とにかく一冊を通してよみます。

学校のテストでも、どんな先生がどんな問題を出すのかを理解できる人は授業の理解度に関わらず良い点数がとれていたと思います。

それと同じで、出題傾向や問題の種類を確認しておきます。

この時点ではまだ頭には何も入っていません。

まずはITパスポートの出題傾向を掴む
2.新しい年代の過去問を解く

次にさっそく過去問を解いていきます。

これは断然新しい年代から優先的に解いていくことをおすすめします。

なぜなら、ITパスポートの問題は日々更新されているから。(たぶん)

ITだけあって年々問題は新しくなっているようで、私が受験した際にも「こんな最新の問題出るの?」というような出題内容もあり、それには過去問の出版が追い付いていない状態です。

なので、新しいものから順に過去2年分の過去問題を繰り返し解きました。

それ以上前のものは余裕があったらで大丈夫です。

過去問は新しい年代のものから。 3年以上前のものは無視
3.どうしても理解できない部分は調べるor捨てる

過去問の中で何度解いても間違えてしまうものや、理解できない計算問題などは、別途理解できるまで調べるか、その問題が出たら捨てることにします。

ITパスポートは、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3つの分野でそれぞれ3割以上、合計で全体の6割以上が必要です。

裏を返せば、4割は間違えても大丈夫という気楽さがあります。

なので、自分の苦手な分野は4割以上、合計で7割以上はとれる程度になるよう、捨ての問題があっても合格ができるというわけです。

しかも4択問題なので、もしかしたら勘で当たるかも。

苦手な問題は捨ててもOK。他でカバーできる。

ということで私の場合は、計算問題は徹底的に捨てて他の部分で点数を稼ぐ作戦にしました。

4.無料の過去問サイトやアプリも活用

忙しい中でどうしても一発合格したかった私は、通勤時間なども活用しながら勉強をしました。

お世話になったのがこちらのサイト。

ITパスポート過去問道場|ITパスポート試験ドットコム

更新も早く、最新の過去問題まで解くことができるので活用させていただきました。

また、スマホの無料アプリも活用しました。

これは正直おすすめはなく、appストアで「ITパスポート 過去問」と検索したらでてくる無料のものを片っ端からやっていました。

アプリは課金しないかぎりそこまで充実はしていないので、気休め程度というか、「試験までに何かしないとそわそわする、不安」という気持ちを埋めるためのものだと思ってください。

アプリやWebサイトは空き時間に活用できるので便利

勉強時間は短くても濃厚に

私はこの勉強方法を、平日は仕事終わりに1時間程度、休日は3時間程度を目安に行いました。

ただし、毎日ではありません。

平日は飲み会があったり、土日は友人と出かけたりと予定もあったのでそちらを優先しました。

過去問であれば、目標時間を決めてタイマーをセッティングしながら行うことができるので、

1年分の過去問の解答時間+答え合わせ+復習

を90分程度で行っていました。

後半になると問題を覚えてしまうので60分程度でできるようになります。

平日は過去問一回分、休日は2回分を目標に進めて3週間で合格までたどり着くことができました。

過去問を解く→答え合わせ→復習はワンセットで。 ワンセットで行い頭に定着させる

3週間で一発合格は難しくありません!

こんな程度の勉強で国家資格がとれるならやって損はないと思います。

ITパスポートは普段PCを触る時や、会社でPCを触るという人にとっては無関係ではないので、3週間を有意義に使って合格しましょう!