Teatime Blog

OMO(オタクに見えないオタク)になりたい。

推しのために副業を始めた20代女オタクがついにチケ代を稼いだ話

f:id:milk-teaty:20181217104105p:plain

社会人をやりながら声優のオタクをやっている私が、副業を始めました。

そして、チケ代を稼ぎました。

副業って聞くと知らない人からすると何か怪しい感じがあって、「夜の仕事」とか「肉体労働系のアルバイト」とか「稼げない内職」みたいなイメージがを持っている人も多いと思います。

実際に渡しも最初はそうでしたし、友達に副業を始めたと言うと「ついにお前もそんなものに手をだしたか、、、」みたいな反応をされるのですが、私がやっているのはPCで在宅で行うものです。

決してチャット◯ディのようなものでもなく、どちらかというとオタクという趣味を活かした副業といった感じです。

今回は私が副業を始めたきっかけと、実際にどんなことをやっているのかをお話していきます。

 

推しのためにオタク女が副業を始めた話

そもそも私は月に手取り17万〜20万程度で仕事をしており、実家暮らしで車も持っていないのでお金に困っているわけではありません。

しっかり貯金もしながら推しを追いかけていますし、時には遠征もします。

ただ、オタクってお金を使い始めると上限がない。

副業のきっかけは推しの舞台出演決定

これはほとんどのオタクの方が身にしみて実感していると思いますが、コンテンツやグッズが充実していくほどお金が必要です。

そして推しの活躍の場が増えれば増えるほど応援の資金が必要です。

私の副業のきっかけはまさにそれで、推しの舞台出演が決まったことです。

普段はあまり舞台に出るような人ではないのですが、今回は名のある舞台にキャスティングされていて、会場は東京のみということで遠征待ったなしでした。

しかも、普段の声優のライブやアニメのイベントではチケット代が6500円〜8000円というところが相場ですが、舞台の場合は軽く1万円超え。

何回か入りたいと思った私は、とにかく副業を始めることを決意しました。

副業としてアフィリエイトとアドセンスを選択

副業って探せばたくさん出てくるし、簡単に稼げるものだと思っていました。

もちろん簡単に稼げるものもあるとは思いますが、私の状況に合ったものを見つけるのは大変でした。

私の副業の条件は

  • 平日はフルタイムで働きながらできる
  • 休みの日にたまにできるもの(土日は基本イベントに行くため)
  • 睡眠時間を削らないもの
  • 本業の仕事に支障がでないもの
  • お小遣い程度のお金が稼げるもの

というかなり厳しい条件で探していて、目標金額はチケ代の12000円でした。

この条件の中で選んだ方法がアフィリエイトアドセンスでした。

www.teatime.site

即日で利益を出すのは難しい

そこからコツコツとブログ作りやSNSでの拡散を通して副業をスタートさせました。

ただし、ブログでの副業ではすぐに何万円というお金を手に入れるのは難しく、長期的な目で見てコツコツと稼ぐというイメージです。

しかも特にアドセンスで稼ぐには知識も必要になり勉強するところからスタートしました。

一気に大きなお金が欲しい場合は、手渡しのアルバイトなどを行う必要があります。

なので副業で稼いだお金は推しの舞台には間に合わないということは理解していたのですが、せっかくなので続けてみることにしました。

4ヶ月でチケ代を達成

副業を始めて4ヶ月、やっと目標としていた12000円に到達しました。

これは、たぶんアドセンスやアフィリエイトをやっている人達からしたらかなり遅いペースで、稼げているとは言い難いかもしれません。

ただ、この12000円は紛れもなく副業で私自身が稼いだお金で、私的には本業にも支障が無かったし趣味も今までどおり楽しめて稼ぐことができたので大満足です。

むしろもっと真剣に副業をしたらもっと稼げるのか!という希望になりました。

ちなみにこの12000円は推しの出演するアニメの円盤代に使用しました。

 

www.teatime.site

すぐにお金が欲しいならライティングもおすすめ

ところで、じゃあ冒頭で話していた結局推し出演の舞台のお金はどこから出したの?

ということなのですが、私はライティングで稼ぎました。

ライティングは、CrowdWorks(クラウドワークス) 在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】 を使用しました。

ライティングは簡単に言うと、HP上で使用されるテキストの作成やブログの作成が多く、簡単に言えば作文や論文を書くような感じです。

アニメや漫画に関するものや、アイドルやTVドラマに関するネタもあれば、転職や医療など専門的なものもあり、とにかく自分の趣味や経験を活かして稼ぐことができます。

私はライティングは本当にオタク向けの副業だと思っていて、自分でお題を選んで書くことができるし家から出なくて良いし、何よりオタクはタイピングが早い。(私調べ)

ニコ動やらなんやらの時代を生きてきた私達にとってブラインドタッチなんてお手の物なので、文章を書くことが嫌いでない限りライティングは副業にぴったりです。

CrowdWorks(クラウドワークス) のほうは、依頼者とのやりとりをしないといけないというコミュ障オタクにとってはしんどい壁があるのですが、サグーワークス の方はマイページに来た仕事をこなして納品(登録)するだけなので私的にはサグーワークス がおすすめです。

ただし、適当な文章を納品するのは絶対にNGです。

副業は仕事であり、ライティングの稼ぎで生きている人も居るほどなので、適当なものを納品すると受け取ってもらえずお金にならないこともあるので注意が必要です。

オタクの副業はやっぱり在宅が良い!

日中は職場に通勤して仕事をしているため、副業で気づいたのは自宅で稼ぐことができるありがたさでした。

アニメを見ながら、ラジオを聴きながらという環境で仕事ができるのが良いですよね。

とにかく、まだまだ推しを追いかける資金は必要になりそうなのでこのまま引き続き副業を継続したいと思います。