Teatime Blog

OMO(オタクに見えないオタク)になりたい。

転職かフリーランスか迷ったあげくヲタ活を優先した私の話

f:id:milk-teaty:20181030224111j:plain

1年前に仕事をやめました。

私の前職は大手金融関係で、日本に住んでいる人なら大人からこどもまで誰もが知っているであろう会社で働いていました。

頑張って就活をして入った会社を辞めるのは、私の人生の中でも一番大きな決断でした。

ここで出てきた悩みが転職をするのかフリーランスになるのかということです。

転職して違う会社で働くか、フリーランスとして生計を立てていくのか。(フリーランスとかっこいい言い方をしていますがフリーターだと思ってください。)

そしてここでの選択が私の人生を大きく変えることになりました。

なぜ私が今の状態を選んだのかを話していこうと思います。 

転職かフリーランスか迷って趣味を選んだオタクの話

タイトルでお察しかと思いますが私はオタクです。

自分がオタクであるということが仕事を辞めるきっかけにもなっていました。

趣味のために働く毎日

私が新卒で入った会社は土日祝が休みで有給もとりやすくまさにオタク向きの会社でした。

週5日は仕事をして基本的には定時で帰って休みの日にはヲタ活をする、という毎日を送っていました。

仕事で稼いだお金はすべて趣味のために使っていると言っても過言ではありません。

他の記事でも書いていましたが、嫌で嫌で仕方ない仕事も趣味があるから楽しめるという状態で心の支えでした。

私が仕事を辞めるまでについてはこちらでお話しています。

 

www.teatime.site

仕事をやめた一つの理由が給料が安すぎることでした。

このままではヲタ活は続けられない、そう判断したことが仕事をやめるきっかけでもありました。

休みの日にライブを楽しんでいても「明日は仕事か、、、」「月曜が憂鬱」という気持ちがあるのはメンタル的にかなり辛く、転職を決意しました。

 

ヲタ活を続けるためには?

転職をするにあたって私が何より優先したのがヲタ活ができる職場でした。

私が考えるヲタ活ができる職場というのは、会社でヲタバレしても大丈夫という意味ではなく

  • 休みがしっかりある
  • 満足できる給料がもらえる
  • 精神面が健康でいられる

の3つを最低条件にしたものでした。

そこで私に出てきた選択肢が「企業に就職する」「フリーランスとして働く」でした。

私は元々文字を書くのが好きでライターとしての仕事に興味があったためフリーのライターとして働くという選択肢も考えていました。

良い職場に巡り会えなければフリーランスとして仕事をしていくのも良いのではとこの時点では軽く考えていました。

フリーランスの弱点

ここで私に出てきた不安が、フリーランスになったとしてしっかり稼ぐことができるのか、ということです。

フリーランスのライターとして仕事をするにあたって、今まで実績も経験もない私に仕事をくれる人はおそらくいません。

フリーランスとしてお金を稼げたとしても、そこに至るまではかなりの時間を要するということがわかりました。

また、家で仕事ができるし締切さえ守れば自分の好きな時間に仕事ができることがフリーランスの魅力ですが、私にとって家は仕事場ではなく寛ぐ場でしかありませんでした。

そんな場所で仕事モードにはなれないと判断しました。

(Youtuberさんも家が撮影場所兼編集場所になるので家でゆっくり休めないというような私と似たことを言っている人がいました。)

仕事モードになれないということは締切に間に合わなっかたり仕事にならなくて、結果的にライブやイベントを蹴ってまで仕事をしないと生きていけないかもしれません。

フリーランスになれば休みがしっかりとれるかもしないし、満足できる給料がもらえるかもしれないし、精神面が健康でいられるかもしれない、けどどれもできない可能性も高いというのが私がフリーランスをやめた大きな理由でした。

 

www.teatime.site

転職なら絶対安定なの?

じゃあ転職ならヲタ活が叶うのかというとそうとは限りません。

新卒で入社する会社選びに失敗して辞めてるのですから自分の会社選びに自信が無かったのも事実です(笑)

けど、一度失敗した分自分の中で仕事に対する軸のようなものが完成していたので、転職先の会社選びは新卒の就活よりかなり濃厚で自分でも満足いくものになりました。

あとは、「最悪フリーランスになれば良いしな〜」というような変な余裕を持っていたのもあって転職はうまくいきました。

なので、もしいま転職するかフリーランスにするかを迷っている人はまずは転職を見てみることをおすすめします。

転職が絶対安定というわけではありませんが、少なくともフリーランスの世界に飛び込むよりはヲタ活がしやすいと私は思います。

 

転職して今は幸せか

はっきり言うと、今は幸せです。

自分のやりたいことをできる職場を見つけられたし、休みもあるし精神面が健康だし、何より給料がアップしました。

前職よりも十分にヲタ活資金を準備できます。

そして企業で働きながらこうやってブログを書くことができています。

今後私がフリーランスになるかどうかはわかりませんが、企業に所属しながらフリーランスになるための準備を進めているという言い方が正しいかもしれません。

実際に今フリーランスで働いている人も、何かしらの経験や知識を身に付けてからフリーになっている人が多いです。

なのでフリーランスか転職かを迷ったら、まずは自分の生きていくうえでの軸を決めることをおすすめします。

私の人生はヲタ活でできている

結果的に私は転職をしたのですが、転職を選んだというよりヲタ活をしやすい方を選んだというのが正しいです。

ですが、これが私の人生の中で最も大切にしたいもので、これがわかっていなかったから新卒で選ぶ会社をミスってしまったと自覚しています。

今後は、ヲタ活資金を増やすのかをじっくり考えていきたいと思います。